昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた参院議員河井案里被告(47)の公判が22日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれ、夫で元法相の衆院議員克行被告(57)が証人として出廷した。法廷に姿を現すのは、9月15日に弁護人を解任して以来。起訴内容などを尋ねる検察側に「私自身が訴追されており、自分の法廷で答えたい」として証言を拒絶した。

 河井克行被告

 元法相の公判は弁護人解任を受け、1カ月以上にわたり中断。地裁は別の弁護人がついている案里議員の公判を分離して先行させ、元法相の証人尋問を決めた。(共同通信)