共同通信 ニュース

自民党の石破氏、派閥会長を辞任 次期総裁選の出馬明言せず

2020年10月22日 18:57

 自民党の石破茂元幹事長(63)は22日、自身が率いる石破派(水月会、19人)の会長を辞任した。同日の派閥会合で、9月の総裁選敗北の責任を取り辞意表明。異論はなく了承された。来年9月の次期総裁選への対応には「今の段階で、1年後に出る、出ないを言うのは少し違う」と述べ、明言しなかった。影響力低下は否めず、戦略は白紙となった。

 派閥の会合で会長辞任を表明。取材に応じる自民党の石破元幹事長=22日午後、国会

 石破氏は会合で、自身の後任や派閥運営について「鴨下一郎事務総長を中心に話し合い、決めてほしい」と要請した。

 会合後、記者団に対し、過去出馬した4回の総裁選に言及。「結果を出せず、同志に多くの負担をかけた。その責任を取る」と強調した。(共同通信)

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間