胃心地いいね

野菜・肉・魚・卵がちょっとずつのランチ 和食カフェのテーマは“大人の給食”

2020年10月23日 09:16

[胃心地いいね](598) マーサンカフェポコ  浦添市安波茶 

“大人の給食”がテーマのいろいろおかず定食

マーサンカフェポコの店内と比嘉文子オーナー=17日、浦添市安波茶・マーサンカフェポコ

マーサンカフェポコ

“大人の給食”がテーマのいろいろおかず定食 マーサンカフェポコの店内と比嘉文子オーナー=17日、浦添市安波茶・マーサンカフェポコ マーサンカフェポコ

 ナスの煮浸しや子芋(里芋)の煮っ転がし、脂がきらきら光る焼きジャケに、オクラとうりずん豆のおひたしが新緑のような彩りを添える。野菜、肉、魚、卵などがちょっとずつ盛られた「Aランチ」。テーマは“大人の給食”だ。

 2017年に前身の食堂・なすび亭からリニューアルオープンした。オーナーの比嘉文子さん(50)が息子らと切り盛りする。

 「おうちのリビングをイメージした」という店内には、温かみある木の6人掛けテーブルやテレビ。席間隔は広めで、にぎやかに食事を楽しむ人もいれば、女性一人でもゆったり安らげる空間だ。食材はできるだけ地物を使い、下ゆでなど下処理を施す。だしを効かせるなど丁寧な味付けの和風料理が多い。

 Aランチはおかず6品が並ぶ「いろいろおかず定食」。比嘉さんにメニューの由来を尋ねると「私が欲張りなので、いろんなのを少しずつ食べたくて」と笑う。Bランチは「まぐろの中落ち定食」など魚介類系、Cランチは「白身魚フライ定食」などがっつり系だ。各880円~、ドリンクとデザート付き。白米か日替わりご飯が選べ、おかわり自由。各限定10食だ。

 夜には、焼酎や日本酒、ワインと共に、かれいの煮付け(780円)、手羽先唐揚げ(600円)などが楽しめる。客がご飯を食べてリラックスしている様子に喜びを感じるという比嘉さん。「カウンター席からちょっと話しかけてくれたら、うれしい」と照れ笑いした。(浦添・西原担当=宮里美紀)=金曜日掲載

 【お店データ】浦添市安波茶1の28の3。営業は午前11時~午後2時、同5時~午前0時。16席。駐車場4台。月火定休。電話098(800)1716。

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪 沖縄選手の最新ニュース
東京五輪に出場する県出身選手の活躍を早く詳しくお伝えします。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。