「ウチナーの『御嶽』と『魂』を自分の作陶にどう表現していくか、これが私のテーマだった。『御嶽』こそが沖縄の原点であり、精神のよりどころではないか。そしてそこに宿るのが『魂』。沖縄が失ってはいけないもの、それは『ウチナーの魂』」 しま・たけみ 1943年本部町生まれ。陶芸家=第2・4金曜日掲載。