[コロナに負けない! タイムス応援企画]

琉球ガラス製造協同組合によるクラウドファンディングのイメージ画像

 沖縄の県琉球ガラス製造協同組合(稲嶺秀信理事長)が沖縄タイムス社のクラウドファンディングサイト「Link-U(リンクユー)」を活用して先月15日から始まった作品の販売が22日までに、目標額(150万円)の半分を超えた。

 稲嶺理事長は「コロナ禍の暗い雰囲気を明るい琉球ガラスで吹き飛ばし、多くの方々を元気にしていきたい」と話している。

 22日午後3時現在、総額83万4040円(達成率55%)の支援があった。県内外の琉球ガラスファンがサイトにアクセス。人気が高いのは5千円から2万円のグラスセットや酒器、食器のセットなどで、ネックレスやピアスなども人気が集まっている。

 購入者からの応援メッセージも相次いでおり、岡山県在住の方は、工房が新型コロナウイルス感染拡大の影響で打撃を受けている現状を憂い「琉球ガラスが好きです。これからもずっと作り続けてほしい」と寄せた。神奈川県在住の方は「今年は沖縄を訪れるのは断念したけど、来年こそは訪問したい。厳しい状況ですが、頑張ってほしい」と記した。

 今回のクラウドファンディングには、同組合加盟の18工房のうち、2工房が追加参加して8工房が出品。返礼品のメニューも44点に増えた。購入期限は11月13日。「リンクユー」のサイトは、こちらから。