NHK広島放送局が原爆被害を伝えるために運用するツイッターが差別をあおったと批判された問題で、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)広島県本部が23日、「投稿は在日朝鮮人らに恐怖と精神的苦痛を与える」として、広島弁護士会に人権救済を申し立てた。

 人権救済申し立てのため広島弁護士会館に入る在日本朝鮮人総連合会の関係者ら=23日午前、広島市

 ツイッターは「もし75年前にSNS(会員制交流サイト)があったら」という設定で3月に開始。1945年8月20日に起こった出来事として投稿した「朝鮮人だ!」「乗客を窓から放り投げた」などの内容が差別扇動だとして市民や被爆者から抗議を受けた。

 同局は今月2日、問題の投稿を含むツイートを削除しNHKのホームページに転載した。(共同通信)