新型コロナウイルスの影響で今年は中止となった東京の夏の風物詩、隅田川花火大会の実行委員会は23日、来年の開催候補日を10月23日と発表した。例年7月最終週の土曜日に開催されているが、来年は東京五輪・パラリンピックの期間と重なっており、秋に移した。

 最終的には今後の新型コロナの感染状況やイベントの開催制限などを踏まえ、来年6月ごろに決定する方針。

 例年、隅田川花火大会には約95万人が来訪。実行委によると、今年は延期決定前の東京五輪の時期を避けて7月11日に開催予定だったが、新型コロナのため中止された。(共同通信)