沖縄タイムス+プラス ニュース

高校女子円盤で友利V U20女子走り高跳びの岸本も優勝

2020年10月23日 20:12

 陸上の全国高校大会兼U20全国大会は23日、エディオンスタジアム広島で開幕し、高校女子円盤投げ決勝で那覇西1年の友利晟弓が44メートル04で全国の頂点に立った。また、U20女子走り高跳び決勝で日本女子体育大1年の岸本志恵(中部商高出)が1メートル73で優勝した。

岸本志恵(左)と友利晟弓

 友利は2投目で44メートル04をマークし、トップに躍り出た。その後も44メートル台を投げたのは友利1人だけで、他の追随を許さなかった。

 岸本は計3人が挑戦した1メートル73を唯一成功させ、全国制覇を達成。優勝記録の1メートル73は自己ベストタイで、2年4カ月ぶりに跳んだ。

 新型コロナウイルスの影響で全国高校総合体育大会が中止になったことを受け、U18日本選手権の参加区分を年齢から学年に改め、高校日本一を決める舞台となった。最終日は25日。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間