20世紀の、負の世界遺産の代表ともいうべきナチスは、暴力革命によってではなく選挙によって政権を掌握した。単純化していえば、ドイツ国民の多くがナチス政権を支持したということだ。初めてこの事実を知った人は、かならず首をかしげるはずだ。 なぜなら人類の歴史はいわば自由を求める闘争の歴史だった。