「ウチナーンチュ」。何げなく使っているその言葉のなかには、沖縄の人という意味だけでは表せない思いのようなものがいくつもこもっている。2016年10月、国際通りで「世界のウチナーンチュ大会」前夜祭のパレードを見た。