大西民子は1994年1月に世を去った。既に四半世紀以上の時を経たが、作品はいまだ光を失わない。破綻した結婚生活を背景とした「まぼろしの椅子」や「不文の掟」など、時代を超えて読み継がれている。