「原告が、何らかの理由で和解を提案されたわけです。だとすれば、こちらが応じやすい内容を熟考されるべきだと思います。この提案では、当方が和解に応じるメリットがありません」「原告は早く気持ちの整理をつけたいと思い、もし謝罪してくれるのであれば、裁判は終わらせたいと考えたんですよ。