第44回沖縄の産業まつり(主催・同実行委員会)が24日、開幕した。「盛り上げよう!今こそ我らの県産品」をテーマに448事業者が出展。新型コロナウイルス感染症予防のため、那覇市内の3カ所を主会場に分散開催。ポータルサイトでは各社の製品紹介やまつりの様子をオンライン配信した。25日まで。午前10時~午後6時。

多くの買い物客でにぎわう商工会特産品フェア「ありんくりん市」=24日、那覇市・パレットくもじ前広場(下地広也撮影)

 県民広場で開幕式が開かれ、古波津昇会長は「秋の風物詩として定着し、全国、国外の沖縄ファンから関心をいただいている。人と人、人と産業をつなぐ絶好の場となり、沖縄の産業を元気づける一助となれば」とあいさつした。

 パレットくもじ前広場では商工会特産品フェア「ありんくりん市」、県民広場では「わしたショップde沖縄応援マルシェ」を開催。イオン那覇店前の広場には県中小企業団体中央会の物販ブースがあり、例年より規模は縮小となったが、各会場とも県産品を買い求める人でにぎわった。