24日午前7時2分、沖縄県与那原町の当添漁港で「防波堤付近から油のにおいがする」と118番通報があった。中城海上保安部が現場に駆けつけ、港口から南へ長さ約100メートル、幅約20メートルの範囲で浮いている油を確認した。油種や流出量は調査中。中城海保によると浮遊油は午後5時までに消滅したという。

 中城海保の調べでは、流出による周辺生物などへの被害は確認されていない。巡視艇や航空機などで周辺を調査したが、座礁船情報などはなかったといい、詳しい原因を調べている。