沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄・自民県議団新たに1人が感染 症状なし クラスターは計12人に

2020年10月25日 13:43

 沖縄県議会事務局は25日、県議会の沖縄・自民会派の下地康教県議(61)=宮古島市区=が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県がクラスター(感染者集団)に認定した沖縄・自民の感染者は計12人となった。

(資料写真)沖縄県議会


 下地氏は政務調査で沖縄・自民の他の議員17人とともに、18~21日の4日間、与那国、石垣、宮古島の3市町を訪れていた。座波一氏(60)=島尻・南城市区=の感染が判明し、23日に宮古病院でPCR検査を受診。この日、陽性との結果が出た。現在、発熱などの症状はないという。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間