沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄、新たに31人感染【10月25日昼】

2020年10月25日 15:11

 沖縄県は25日、新たに31人の新型コロナウイルスの感染を確認した。1日当たりの新規感染者が2桁になるのは30日連続。累計感染者数は3165人となった。31人の感染者の中には、25日に感染が判明した沖縄・自民会派の下地康教県議(61)も含まれている。

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 在日米軍関係の感染者については26日にまとめて報告される予定。

 24日の新規感染者は40人で、23日から2日続けて40人を超えていた。

 県内では石垣市の「かりゆし病院」でクラスター(感染者集団)が発生するなど離島で感染拡大の懸念が広がる中、宮古・八重山地域を18~21日に視察した自民会派の県議団のうち計12人の感染が25日までに確認されており、県は県内24例目のクラスター(感染者集団)と認定している。

 県が24日に発表した直近1週間(17~23日)の人口10万人当たりの新規感染者は16・40人で、22日連続で全国最多。2番目の東京都(7・90)人の2倍超となっている。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間