沖縄署は25日、職務質問中の警察官を突き飛ばしたとして、米軍キャンプ・シールズ所属米海軍2等兵曹(25)を公務執行妨害の疑いで逮捕した。「酒に酔って覚えていない」と容疑を否認しているという。

パトカー

 逮捕容疑は同日午前1時30分ごろ、北谷町北谷の駐車場で職務質問した警察官の胸を両手拳で突き飛ばした疑い。警察官にけがはなかった。

 同署によると、事件発生前、現場近くで「外国人が車のボンネットをたたいている」と110番通報があった。警察官が現場近くにいた2等兵曹に職務質問したところ、警察官の胸を両手拳で突き飛ばしたという。2等兵曹は酒を飲んでいたという。

 那覇署は25日、道交法違反(酒気帯び運転)でキャンプ・フォスター所属の米海兵隊3等軍曹(28)を現行犯逮捕した。同署によると「アルコールが残っている認識はなかった」と容疑を否認している。呼気から基準値の約2倍のアルコールが検知された。

 逮捕容疑は同日午前4時すぎ、那覇市辻の道路で酒気帯び状態で普通乗用車を運転した疑い。