25日午前6時50分すぎ、沖縄県恩納村の真栄田岬で「友人が沖合に流されている」と118番通報があった。那覇海上保安部によると、中城村の会社員(32)が魚を引き揚げるため海面付近に近づいたところ波にさらわれた。沖縄市内の病院に搬送されたが、通報から約2時間半後に死亡が確認された。死因は調査中。

救急車

 那覇海保によると、会社員は友人と2人で釣りをしていた。