わいせつ行為で懲戒免職となった教員が、失効した教員免許を再取得できる現行制度に批判が強まっている。文部科学省は制限を厳しくする方向で法改正を検討しているが、被害者らが望む「永久剥奪」は憲法が保障する職業選択の自由に抵触する恐れも。