【ロンドン、ブリュッセル共同】英国やフランスなどほとんどの欧州諸国が25日、夏時間から標準時間(冬時間)に移行した。日本との時差は1時間広がり、英国がマイナス9時間、ドイツやフランスが同8時間となった。 欧州連合(EU)欧州委員会は、時計の針を年2回前後させる夏時間制度廃止を2019年までに提案。