農林水産省の専門家会議は26日、沖縄県のバナメイエビの養殖場で確認された甲殻類の伝染病の発生原因について、養殖業者がタイから輸入した稚エビの可能性が高いとの結論をまとめた。(共同通信)