死刑囚との関わりはジャーナリストの中でも多い方かもしれない。一番印象に残っているのは幼女連続誘拐殺害事件の宮崎勤元死刑囚だ。12年間のつきあいだったが、彼は今で言うニートの典型で、獄中でも人と会うのを嫌ったため、面会できるようになったのは、最高裁判決の後だった。