アジアやアフリカの受賞者が少なく、欧州偏重だという批判が常につきまとうノーベル文学賞。同賞選考委員会のアンデシュ・オルソン委員長がこのほど共同通信のメールインタビューに応じ、「地域的不均衡」を認め「世界中から毎年約200人の推薦があるが十分とは言いがたい。