沖縄タイムス+プラス ニュース

比嘉大吾、移籍後初戦ドロー 堤聖也とノンタイトル

2020年10月26日 20:48

 世界ボクシング評議会(WBC)元フライ級王者で、同バンタム級8位の比嘉大吾(Ambition)は26日、東京・後楽園ホールで、日本同級13位でプロ無敗の堤聖也(角海老宝石)と同級ノンタイトル10回戦を戦い、引き分けた。比嘉の戦績は18戦16勝(16KO)1敗1分け。

バンタム級10回戦 3回、比嘉大吾(右)が左ストレートを放つ=東京・後楽園ホール(エムアイプランニング撮影)

 セミファイナルに登場した大湾硫斗(Ambition)はサウスポーの岸根知也(ミツキ)とスーパーバンタム級8回戦を戦い、5回1分26秒、TKO勝ちした。大湾の戦績は7戦6勝(4KO)1敗。

名伯楽のミット―ボクシング王国・沖縄金城眞吉の道
磯野 直
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 635,938

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間