県文化観光スポーツ部は26日、新型コロナウイルスの影響で2020年度上半期(4~9月)の入域観光客数が前年同期比81・8%(437万5500人)減の97万3100人だったと発表した。前年同期からの減少数、減少率は過去最大。外国人客はゼロだった。外国人客が100%減るのは日本復帰後、初めて。

(資料写真)沖縄観光

2020年度上半期の観光客の推移

(資料写真)沖縄観光 2020年度上半期の観光客の推移

 9月単月は、前年同月比71・9%(58万1700人)減の22万7600人だった。渡久地一浩部長は「10月から年末にかけて航空路線の予約状況に改善が見られるが、減便や運休もあり、感染状況次第では依然として厳しい状況が予想される」との見通しを示した。

 上半期トータルの減少数は外国客が162万1500人、国内客は275万4千人(73・9%減)。4月から5月にかけて、国・県の緊急事態宣言による移動自粛要請があったことで、需要が大幅に落ち込んだ。月別の減少幅は5月の94・7%が最大。4月の90・9%減が続いた。

 県は8~9月上旬にも2度目の緊急事態宣言を発出。来県自粛は呼び掛けなかったが、旅行や移動を控える動きは強まり、観光客数の回復にはつながらなかった。

 9月上旬に緊急事態宣言が解除され、離島を中心に持ち直しの動きが見られたが、航空路線の減便・運休もあり、9月も対前年同月比では過去最大の落ち込みだった。県によると、速報値ベースで9月は計画比39・3%減の1645便が減便した。

 一方で、10月25日からスカイマークが羽田-下地島線など3路線を、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが新千歳、仙台との新規2路線を就航させた。県は少なくとも予算1億円を投じて、各就航地でキャラバンを実施したり、メディアや公共交通機関と連携したプロモーションを展開したりする予定という。

 渡久地部長は「修学旅行を含めて徐々に回復が見えているが、感染者数も増えてきている。迅速なプロモーションと同時に、感染状況とのバランスを見ながら、何が効果的か考えながら誘客したい」と話した。