沖縄タイムス+プラス ニュース

最速150キロ右腕、内間投手が楽天4位 タイシンガー内野手は西武6位

2020年10月27日 05:53

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内で開かれ、亜細亜大の内間拓馬投手(21)=宜野座高出=が楽天から4位で、東京農業大北海道オホーツクのタイシンガーブランドン大河内野手(22)=石川高出=が西武から6位で指名を受けた。

楽天から4位指名を受け、祝福される内間拓馬投手=26日、東京都・亜細亜大学

西武から6位で指名を受け、会見でポーズをとるタイシンガーブランドン大河内野手=東京農業大北海道オホーツク(北海道新聞社提供)

宜野座高校の大城真乃投手

楽天から4位指名を受け、祝福される内間拓馬投手=26日、東京都・亜細亜大学 西武から6位で指名を受け、会見でポーズをとるタイシンガーブランドン大河内野手=東京農業大北海道オホーツク(北海道新聞社提供) 宜野座高校の大城真乃投手

 内間投手は身長179センチ、体重86キロ、右投げ右打ち。最速150キロの直球とスライダー、スローカーブなどが武器で昨年7月の日米大学選手権に出場した。

 タイシンガー内野手は身長179センチ、体重84キロ、右投げ右打ちの強打者。北海道六大学リーグで3年春から3度の首位打者を獲得した。

 育成では宜野座高の大城真乃投手(17)がソフトバンクから7位指名された。身長170センチ、体重59キロ、左投げ左打ち。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング