データの利活用に関する調査などを行う国際経済連携推進センターは27日、新型コロナウイルスのスマートフォン向け接触確認アプリ「COCOA(ココア)」の利用に関する意識調査結果をまとめた。同アプリを使っていない人の半数近くがプライバシー上の不安があると回答しており、普及の停滞に影響している可能性があるとした。

 コロナ感染に不安を感じている人の割合は76・2%に上ったが、ココアの利用率は18・8%にとどまった。非利用者の4割弱はアプリが感染拡大防止に効果があるとみていたものの、47・3%がプライバシーに関する懸念があると答えた。(共同通信)