お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(あきひろ)さんが19日、沖縄県うるま市内の兼原小学校と赤道小学校を訪れ、自身が執筆した絵本「えんとつ町のプペル」計約600冊を手渡した。世界の子どもたちに絵本を届ける企画「えほんギフト」の一環。西野さんから直接絵本を受け取った子どもたちは歓声を上げて喜んだ。

子どもたちに絵本を手渡した西野亮廣さん(中央)=19日、うるま市立兼原小

 「えほんギフト」は西野さんのオンラインサロンの企画で、支援者の出資で毎月スタッフが各地の子どもたちに「えんとつ町-」を届けるもの。絵本は12月に映画版も公開される。

 県内で寄贈されるのは両校が初めて。今回は、サロンの勉強会で沖縄を訪れていた西野さんが直接子どもたちに手渡した。兼原小で絵本を受け取った高良優陽さん(9)は「家に帰ったら妹たちにも読んであげたい。西野さんはとても優しかった」と笑顔だった。

 同小での贈呈式後、「子どもたちみんなめっちゃかわいいなあ」と目を細めた西野さんは「新型コロナで不安な時代だけど、絵本を通じて、目指すものがあれば困難も乗り越えられると感じてくれたらうれしい」と期待した。

 同小の野原真由美教頭は「コロナの影響で図書館の利用も制限されている中、本に触れる機会をつくってもらい、ありがたい」と感謝した。