沖縄市照屋の商店街「銀天街」にあるアーケードの撤去作業が24日までに完了した。同日、国道330号側のアーチ型の看板が外され、通りには青空が広がった。アーケードは、1978年に市銀天街商店街振興組合が国や県の補助金などを活用して完成させたが、2014年に組合が解散。