東京大学は8日、国内の大学として初めてとなる「大学債」を16日に発行し、200億円を調達すると発表した。生命保険会社などの国内機関投資家を主な引受先とする。償還期間は40年で利率は年0.823%。調達資金は研究施設の拡充などに充てる。今後10年で1千億円程度の発行を想定している。