共同通信 ニュース

陸上のコールマンは2年資格停止 百m王者、東京五輪アウト

2020年10月28日 09:14

 【ジュネーブ共同】世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット(AIU)」は27日、男子100メートルで昨年の世界選手権を制したクリスチャン・コールマン(米国)の抜き打ちドーピング検査を巡り、事前申告した場所に不在だったことなど規定違反があったとして2年間の資格停止処分を科すと発表した。期間は2022年5月13日までで、東京五輪に出場できない。

 クリスチャン・コールマン=2017年8月(ゲッティ=共同)

 24歳のコールマンは100メートルの自己ベストが9秒76で、五輪の金メダル候補だった。処分を不服とする場合は、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴できる。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間