KDDIは28日、携帯電話料金に関して20ギガバイトで月額3980円(税別)の割安プランを導入すると発表した。ソフトバンクも20ギガバイトで4480円(税別)のプランを提供すると発表した。菅義偉首相が掲げる携帯電話料金引き下げの要請に対応する。両社の新プランはそれぞれが手掛ける格安ブランドの「UQモバイル」と「ワイモバイル」から提供する。

 KDDIが展開する「UQモバイル」のロゴマーク

 UQモバイルは来年2月以降に開始する。ワイモバイルは10分以内の国内通話がかけ放題となる。今年12月下旬から開始する。

 携帯料金を巡っては菅首相や武田良太総務相が大容量プランで値下げの余地が大きいと指摘していた。(共同通信)