大分県発注の日本ジオパーク業務を巡り、県職員に約100万円を渡したとして贈賄罪に問われた鹿児島市の会社員吉永佑一被告(39)の控訴審判決で、福岡高裁は28日、懲役1年、執行猶予3年とした一審大分地裁判決を支持し、無罪を訴えた被告側の控訴を棄却した。

 鬼沢友直裁判長は、吉永被告が会社の実質的経営者だったと認定。被告は「事業に関する専門家の旅費を要求されて応じただけで、賄賂ではない」と主張したが「領収書なしで金を支払うなど、正当な手続きではない。違法性の認識があった」と結論付けた。(共同通信)