関西テレビ(大阪市)は28日、関西地区などで24日に生放送したバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」の中で、タレントのデヴィ夫人が「不妊の9割9分は中絶によるもの」など事実と異なる発言をしたとし「不妊に悩まれている方々をはじめ多くの人を深く傷つけた」と謝罪した。

 デヴィ夫人

 番組では、不妊治療の保険適用拡大について議論。パネリストとして出演したデヴィ夫人は、不妊の原因が中絶手術によるものだとし、中絶を禁じるよう求めた。発言後、同局のアナウンサーが事実と異なると謝罪。デヴィ夫人は「数字が間違っていたかもしれません」などと陳謝していた。(共同通信)