文学好きの間でいま注目を集める書き手がいる。昨年6月に刊行した私家版の短編小説集「ジョン」は、一部の書店が熱烈に推し重版。翻訳家の柴田元幸さんらも賛辞を寄せる。そんな異例の“ルート”で世に出た早助よう子さんが、商業出版としては初の作品集「恋する少年十字軍」(河出書房新社)を発表した。