沖縄タイムス+プラス ニュース

宮古島市長はコロナ陰性 県議との接触で二度検査

2020年10月29日 07:26

 沖縄県議会の沖縄・自民会派所属の県議に新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した件で、26日にPCR検査を受けた下地敏彦市長は28日、結果は陰性だったと明らかにした。下地市長は23日にも出張先の東京で検査を受け、陰性の結果が出ていた。

(資料写真)宮古島市役所

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間