沖縄タイムス+プラス ニュース

写真で伝える首里城 今日から展示会 沖縄タイムスビルで

2020年10月29日 07:30

 火災前後の首里城の様子や過去の復元作業などの報道写真を集めた写真展「首里城 焼失から再建へ」(主催・沖縄タイムス社)が29日午前10時から、那覇市久茂地の沖縄タイムスビル1階で始まる。入場無料。31日まで。

首里城火災の写真を展示する関係者=28日午後、那覇市久茂地・タイムスビル

 30日に開くシンポジウム「首里城 再建のビジョン」(主催・沖縄タイムス社)の併催展。昨年10月31日未明に焼け落ちる首里城正殿を小型無人機ドローンなどで撮影し日本新聞協会賞を受賞した「焼け落ちた沖縄の象徴」はじめ、その後の実況見分の様子などの写真42点を展示する。開場は午後8時まで。

 シンポは30日午後6時から、同ビルのタイムスホールで開かれる。再建に向けた技術検討委員会委員長の高良倉吉・琉球大名誉教授と、「鎌倉芳太郎と近代沖縄の群像」などの著書があるノンフィクション作家、与那原恵さんが講演する。

 入場料千円。電話予約のみ。問い合わせ・受け付けは電話098(860)3550、沖縄タイムス社編集局。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間