気象庁によると、29日午前3時、フィリピンの東の海上で熱帯低気圧台風第19号に変わった。今後は西寄りの進路をたどり、日本への直接の影響はない見込み。(共同通信)