防衛省は29日、米軍空母艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転候補地となっている馬毛島(鹿児島県西之表市)への自衛隊基地建設を巡り、西之表市民を対象に説明会を始めた。出席者によると、防衛省側が基地建設や訓練移転の必要性を訴えたのに対し、出席者からは訓練に伴う騒音や治安悪化への不安を訴える声が出た。

 馬毛島への自衛隊基地建設を巡り防衛省が開いた説明会=29日午後、鹿児島県西之表市

 この日の説明会は、市南部に位置する「中割校区」と呼ばれる集落の住民が対象で、約20人が参加。非公開で約2時間行われた。防衛省は市内の集落ごとに、計12カ所で順次開催する方向で調整しているほか、中種子町と南種子町でも住民説明会を開催したいとしている。(共同通信)