沖縄タイムス+プラス ニュース

ハリアー飛行再開 稲田防衛相「説明した」 米側対策の妥当性を確認

2016年10月7日 13:00

 【東京】米海兵隊の戦闘攻撃機AV8Bハリアーが飛行再開するにあたってとった日本政府の対応について、稲田朋美防衛相は7日の閣議後会見で「できる限りの情報を公開し、説明もしてきた」と述べ、沖縄との信頼関係の構築につながるとの認識を示した。

稲田朋美防衛相

嘉手納基地から離陸する戦闘攻撃機AV8Bハリアー=7日8時41分、嘉手名町屋良・道の駅かでな

稲田朋美防衛相 嘉手納基地から離陸する戦闘攻撃機AV8Bハリアー=7日8時41分、嘉手名町屋良・道の駅かでな

 米側が、安全確保のため、航空機部隊の隊員や整備員に対する徹底的な確認、航空機の安全技術などに関する手順の検証、日本国内に駐留する全てのAV8Bハリアーの徹底的な調査などをしたとの説明を受けた。防衛省は、実施した措置のリスト提供を受け、沖縄防衛局が米側に目的や実施方法を確認。防衛省、自衛隊の専門的知見も活用して評価した。

 稲田防衛相は「一定の妥当性を確認した。飛行再開に関する米側の判断は一定程度、理解できる」と答えた。引き続き原因究明と安全対策を求める。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS