共同通信 ニュース

43歳福留、現役続行へ強い意欲 阪神に別れ、移籍模索へ

2020年10月30日 05:00

 日米通算2407安打の実績を持ち、阪神の来季チーム構想から外れている福留孝介外野手(43)が29日、鳴尾浜球場で取材に応じ「ユニホームを脱ぐ気持ちを持っているわけではない。悔いを残して終わりたくない」と他球団での現役続行へ強い意欲を示した。

 ウエスタン・リーグの中日戦に出場した阪神・福留=鳴尾浜

 現役最年長選手はこの日、ウエスタン・リーグの鳴尾浜最終戦だった中日戦に「3番・左翼」で先発出場し、五回には適時打を放った。「僕の中ではこのユニホームを着てプレーするのは最後だという思い。優勝の力になれなかったのは申し訳ないと思う」と2013年から8年プレーした阪神に別れを告げた。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング