下地幹郎衆院議員(59)=無所属=は30日、自民党沖縄県連に復党願を提出した。下地氏は提出後、記者団の取材に「保守合同でオール沖縄に対抗できる強い保守中道勢力をつくりたい」と復党に意欲を示した。