下地幹郎衆院議員=無所属=が30日、自民党県連に復党願を提出した。保守分裂が続く衆院1区での候補者一本化を求める経済界は「保守合同」の旗印の下、下地氏の復党を全面支援する。県連内は反対が大勢を占めるが、支援を受ける経済界を無視できない上、下地氏は人脈を生かし党本部での足場固めを着々と進める。