ANAホールディングス系の中堅航空会社スターフライヤー(北九州市)が30日発表した2020年9月中間決算(単体)は、純損益が11年の上場以来最大となる64億円の赤字となった。 新型コロナウイルスの感染拡大による利用客の減少が響いた。売上高は前年同期比61・2%減の78億円だった。