【カイロ共同】サウジアラビアのイスラム教の最大聖地メッカで30日、カーバ神殿がある聖モスクに車が突入し、門にぶつかって停止した。サウジの国営通信などが伝えた。負傷者はなく、運転していた男は拘束された。

 国営通信によると、モスクの広場前の道路から車が猛スピードで突入したという。男は「普通でない状態」だったとしている。当局は、事故か故意かなど詳細について明らかにしていない。(共同通信)