2019年10月31日、首里城、焼失-。この日、沖縄県民が、そして沖縄を想う全ての人々が大きな喪失感に襲われました。復興への機運が高まる中、新型コロナウイルスの感染拡大が全ての日常を変えました。