沖縄県大宜味村のバナメイエビ養殖場で甲殻類の伝染病「急性肝膵臓(すいぞう)壊死(えし)症(AHPND)」が国内で初めて確認された問題で、県は10月30日深夜から31日未明にかけて、塩屋湾の海域調査を実施した。湾内の3地点からクルマエビ科のフトミゾエビやミナミクルマエビなど約130匹を採取した。