沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄、新型コロナ感染症で死亡相次ぐ 70代と80代の男性2人

2020年11月1日 07:34

 沖縄県は31日、新型コロナウイルスに感染して入院していた浦添市内の80代男性と中部保健所管内の70代男性の2人が死亡したと発表した。新型コロナ関連の死者は計63人。新たに10~80代の男女32人が感染し、累計感染者数は3336人となった。

(イメージ写真)

 死亡した2人のうち80代男性はPCR検査で、70代男性は抗原検査で陽性が判明して入院。70代男性は確定例との濃厚接触者で重症だった。基礎疾患があったという。80代男性はこの数日で容体が急変したという。

 直近1週間(24~30日)の人口10万人当たりの新規感染者数は14・48人で、29日連続で全国最多。2番目は東京都の8・46人。

 在沖米軍関係の新規感染はなかった。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間