【カイロ共同】イスラム教預言者への風刺をフランスのマクロン大統領が擁護していることに対し、イスラム諸国で30日の金曜礼拝後、抗議デモが拡大した。レバノンの首都ベイルートではフランス大使公邸をデモ隊が取り囲み、治安部隊との衝突も起きた。