沖縄県畜産振興公社は1日から、新型コロナウイルスの影響で需要が減少している和牛の消費拡大を促すため、県ホテル協会加盟の14ホテルで、県産和牛を使った食事メニューを提供する「TASTE OKINAWA 県産和牛フェア」を開催している。事業概要を1日、那覇市内で発表した。国の和牛肉等販売促進緊急対策事業の一環で、1キロ当たり千円を国が補助する。

県産和牛焼肉バーベキュー食べ放題を楽しむ女性客=1日、那覇市、沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

 フェアは那覇市の沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハや、恩納村のハレクラニ沖縄などで開催する。2021年1月31日まで。

 かりゆしアーバンはディナー限定で、税別1万円の「県産和牛焼肉BBQ食べ放題」を同8500円、税別6500円の「県産和牛サーロイン鉄板焼きセット(200グラム)」を同5千円で提供している。

 対象の県産和牛メニューを注文した人には、県内高級ホテル宿泊券や、フェア参加ホテルのランチチケットが当たるキャンペーンも実施中。

 運天修理事長は「この機会にぜひ県産和牛を味わってほしい」とPRした。

 問い合わせは平日午前10時~午後5時に事務局、電話050(5491)3431。検索はhttps://ma-san-cp.com/